潤う日記

潤う日記

世間一般の方々より若干長期出張が多い今日この頃。コンサル始めて早5年。うち3年以上を名古屋で過ごし、毎週千葉と名古屋を行ったり来たりの日々の日記。&週2回の新幹線で読んでる本の感想等。
プロフィール

jun

Author:jun
AGE : 33
JOB : Consultant
Love : BasketBall

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3285位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント
リンク
カテゴリー
ブログ検索

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110824 Wed
読本Vol.231 売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティング戦略 

読本Vol.231 売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティング戦略 

うん、やっぱおもしろい。

売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティング戦略売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティング戦略
(2009/08/01)
佐藤 義典

商品詳細を見る

「ドリルを売るには穴を売れ」の続編。
主人公、うれたまこは、業績が悪化しているレストランの再建を託され、見事業績を
回復させたところまでが前回のお話。

今回は、そのレストランの社長を任され、チェーン展開を託されたシチュエーション。
そこに、ライバル店が登場し、徐々に売り上げが下がっていく。

相変わらずのストーリー展開なので、話が非常にわかりやすいです。
ここでもやはり戦略BASiCSや差別化軸が用いられ、良い復習になりました。

戦略の一貫性については、著者の別冊「売れる数字 組織を動かすマーケティング」にも繋がっているなぁと感じました。

目次:
序章 「君には戦略がないんだよ」
第1章 「売れる仕組み」は戦略が教えてくれる
第2章 人と会社を動かす「数字」の魔力
第3章 会社の「独自資源」はどこにある?
第4章 お客様が「買わない理由」をなくす
第5章 売りたい商品への「流れ」を作る
第6章 「想い」を届ける「共鳴のサイクル」
スポンサーサイト

Comment

from Issy
これは読んでみる

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://juncun.blog37.fc2.com/tb.php/1724-5e616b8b

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。