潤う日記

潤う日記

世間一般の方々より若干長期出張が多い今日この頃。コンサル始めて早5年。うち3年以上を名古屋で過ごし、毎週千葉と名古屋を行ったり来たりの日々の日記。&週2回の新幹線で読んでる本の感想等。
プロフィール

jun

Author:jun
AGE : 33
JOB : Consultant
Love : BasketBall

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3285位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント
リンク
カテゴリー
ブログ検索

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110820 Sat
読本Vol.229 サンクコスト時間術 

読本Vol.229 サンクコスト時間術 

サンクコスト時間術 (PHPビジネス新書 66)サンクコスト時間術 (PHPビジネス新書 66)
(2008/08/19)
斎藤 広達

商品詳細を見る


NHKで、サンクコストについての考え方が取り上げられていたので読んでみた。

サンクコストとは、埋没費用の意味。

本書は、取り返しのつかないサンクコストを追いかけるのではなく、
「今」を最大限有効に活用する時間術の本。


のっけから、非常にわかりやすい例えがある・
・時間通りに来ないバスをもう20分も待っている
→「ここで諦めたら、今まで待った時間が無駄になってしまう」
→「あと5分待てばバスが来るかもしれない」
こういった発想は捨てなくてはいけない。
時間は有限である。


これらを実践に移すために、S-TiBA(スティーバ)という発想に注目しています。
S-TiBAは以下の4つの頭文字をとったものです。
・Situation:状況判断
・TimeLeft:残り時間
・BestAnser:最善の答え
・Action:アクション

これらは、仕事だけではなく、キャリアや人生にも当然活用できます。
・将来のキャリアゴールは何か
・それを達成するための、5年後10年後の中長期的なゴールは何か
・ゴールに対して、今、何をすべきなのか

こういったこともサンクコスト思考ですね。

もしもあのとき、こうしていたら。。。。
失った時間を反芻しても、何も起こらない。
前を向かないとですね。

目次
第1章 時間は、「今」と「未来」しかない
第2章 サンクコスト時間術は、S-TiBA(エスティーバ)発想で
第3章 S-TiBAをマスターして、時間を最大限に活用する
第4章 サンクコスト発想で成功した企業たち
第5章 サンクコスト時間術 ティップス(小技)編
第6章 サンクコストとの出会い
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://juncun.blog37.fc2.com/tb.php/1719-369152d0

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。