潤う日記

潤う日記

世間一般の方々より若干長期出張が多い今日この頃。コンサル始めて早5年。うち3年以上を名古屋で過ごし、毎週千葉と名古屋を行ったり来たりの日々の日記。&週2回の新幹線で読んでる本の感想等。
プロフィール

jun

Author:jun
AGE : 33
JOB : Consultant
Love : BasketBall

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3285位
アクセスランキングを見る>>

最近のコメント
リンク
カテゴリー
ブログ検索

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110501 Sun
読本Vol.199 「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト  

読本Vol.199 「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト  

「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)
(2010/01/16)
酒井穣

商品詳細を見る

役員からの課題図書。

てっきり人材コンサル系の方が著者なのかと思いきや、
もろIT系企業だったのでびっくり。

研修では成功へ導けないことや、OJTの終焉についてなど
何のために、誰を、いつ、どうやって育てるのかがわかりやすく
書いてあります。

個人的にも、研修は知識面での強化のみになってしまうため、
やはり経験にはかなわないと思っているので、著者と同じ感覚で読めました。

以下は気になった箇所。
・能力の成長には適度の居心地の悪さが必要
・能力面での成長には、顧客がいる
・伸びる人材の共通点
・人脈の維持と管理において、明るさと社交性に勝る武器はない
・孤独に耐えられる人材
・評判の良い人材とは、自身の責任範囲を超えて、周囲の皆のために自分の何かを長期間犠牲にしてしてきた人材。
・自分をあきらめない
・ガス抜きの基本は、笑う機会を増やすこと
・緊張感の無い組織に成長は無い

・どういう人とチームを組むかである人の重要な部分を決めてしまう可能性がある。
・脱皮できない蛇は滅びる、人間も同じ。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://juncun.blog37.fc2.com/tb.php/1633-2e39680d

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。